きょうの動意株

山崎製パンは投資判断の引き下げあるが安値割らず午後を見守る

2212 山崎製パン 株価チャート

 山崎製パン(2212)は朝方の1008円(30円安)を下値に持ち直す相場となり、前引けは1029(9円安)。野村證券が投資判断を「買い」から「中立」に引き下げたと伝えられたことが影響したものの、前場は、10月の安値1008円に顔合わせしただけで切り返した。同証券では、製品市況の下落局面入りなどを要因に、目標株価を1400円から1050円に引き下げたと伝えられた。株価は、10月の安値を割らずに済めば、ダブルボトム(2点底)形成の期待が生まれ、1000円前後が下値圏との安心感が広がるとして、後場の動向を見守る動きがある。

記事中の会社を詳しく見る

山崎パン (2212)

ページトップ