きょうの動意株

メガネトップは後場急動意、仕手筋介入説あり度胸必要の見方

 メガネトップ(7541)は後場から動意を強め一段高。892円(6円高)で始まったあと928円(42円高)となり、ここ数日のジリ安基調からは急激な出直りとなった。市場では最近、日東紡(3110)などに往年の仕手筋「加藤」氏の関与の噂が流れており、メガネトップ株も、いきなり動意づいた点で、仕手筋介入かと思惑が広がったようだ。加藤氏については、05年から放置状態だったホームページが11月1日に突如、更新されたとして思惑を読んだ。単に名義を貸している別モノとの見方もあるという。メガネトップは、軽量・超弾性フレームの商品のヒットなどで業績好調、信用売りの割合から需給妙味もあることは確か。あとは、「買うから上がる・上がるから買う」に乗る度胸だけだという。

ページトップ