きょうの動意株

スズキが一段高、「仲裁」材料に売り手「浮き足立つ」様子

7269 スズキ 株価チャート

 スズキ(7269)は後場一段高となり、1543円(24円高)と上げ幅を拡大。4日ぶりの反発相場になった。フォルクスワーゲンとの提携解消にともなうスズキ株式の取り扱いについて、22日、ロンドンで仲裁手続を開始したと発表。信用売り残が買い残を上回る規模に膨れており、株価が強いため、売り手の中には買い戻しを急ぐ向きが増えた様子だという。朝方は1501円(18円安)まで下げる場面があり、1500円の大台を割らなかったことも、売り手を浮き足立たせたようだ。ただ、NY株の波乱や円高基調などには不透明感があるため、目先は自律反発の程度と慎重に構え、上値メドを1600円どころに置く向きもあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

スズキ (7269)

ページトップ