きょうの動意株

グリーは下押すピッチ鋭角化、「訴訟リスク」自体を敬遠も

3632 グリー 株価チャート

 グリー(3632)は後場一段安となり、14時30分にかけて2426円(206円安)まで下げたあとも一進一退。11月初の2840円を高値に、下押すピッチを次第に鋭角化させる相場となった。直近で目立った株価材料は、21日にKDDI(9433)と共同でDeNA(ディー・エヌ・エー・2432)を東京地裁に訴えたと発表したこと程度。つい先頃までは、NY株の下落や円高が進むと、輸出関連株を敬遠する資金を集めて活況高になることが多かったため、期待外れ感から処分売りらしい注文も出ているという。本日は、朝方高かったDeNAも後場は軟調。交流ゲームによる高収益を謳歌してきた両銘柄だが、機関投資家の中には「訴訟リスク」そのものを敬遠する向きがあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

グリー (3632)

ページトップ