きょうの動意株

レオパレス21は急反発、太陽光発電を材料にリバウンド

8848 レオパレス21 株価チャート

 レオパレス21(8848)は後場寄り後に一段上値を試す動きをみせ186円(22円高)をつけたあとも20円高前後で強調推移。値上がり率は約13%となり、13時40分にかけて何度か東証1部の値上がり率1位に躍り出た。目先の値幅を狙う短期回転売買が活発な中、太陽電池の国内最大級の展示会「PVジャパン」(12月5~7日)を手がかり材料とする向きがあるという。同社では、新築アパートには太陽光発電システムを標準装備とするなど、今期から本格的に太陽光発電システムの設置を推進。連想材料になったようだ。株価は、11月16日から前売買日の2日まで、高い日が1日しかない続落商状。テクニカル的な戻りメドは200円台として、リバウンドに飛び乗る向きもあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

レオパレス (8848)

ページトップ