きょうの動意株

カメイは終盤一段高、冬の復興関連株として買い戻し増加の観測

8037 カメイ 株価チャート

 カメイ(8037)は14時過ぎから一段高となり、695円(38円高)まで上げて終値も693円(36円高)。急反発となって12月1日につけた高値708円に向けて出直る相場となった。仙台本社のエネルギー商社のため、復興関連株の中でも、冬の需要に焦点を当てた場合、物色対象として絶好との見方があるという。相場は高値圏で一服商状。本日は大引けにかけての上げが急ピッチだったため、信用取引で売り建てている向きの買い戻しが急激に増加したとの観測があり、引き続き、弱気筋(売り手)の動向に注目する向きがあった。

記事中の会社を詳しく見る

カメイ (8037)

ページトップ