きょうの動意株

ソフトバンクは安値更新のあと売買活発、7日続落基調で反騰期待

9984 ソフトバンクグループ 株価チャート

 ソフトバンク(9984)は軟調で、朝方2089円(79円安)をつけて安値を更新したあと2135円どころで推移。日経平均との相関度が高く、日経平均の下げ幅が一時140円台に拡大したため、先物との間で行なわれる裁定取引などの影響を受けた面があるという。KDDI(9433)が携帯電話料金を値下げと伝えられたことは不透明要因ながら、KDDI株も安いため、特段、悪材料になっていないようだ。売買は活発で、東証1部の売買代金は2位。終値でも安ければ7日続落になるため、自律反騰を期待する向きもあるという。

記事中の会社を詳しく見る

ソフトBG (9984)

ページトップ