きょうの動意株

住石HLDは後場も強調、カラ売り誘い込む余地ありと思惑続く

1514 住石ホールディングス 株価チャート

 住石ホールディングス(1514)は後場も強い動きを続け、13時40分にかけては106円(16円高)。値上がり率約18%で東証1部の4位前後を占める相場になった。仕手性の強いイメージがあり、東京電力(9501)に火力発電事業の分離案が浮上しているため、石炭需要の増加期待に連想が広がった模様だ。本日の株式市場では、値上がり率上位に仕手性の強い海運株などが並ぶ相場とあって、仕手系株を手がけやすいようだ。PERは35倍を超えるため、割高感が強いことは事実。しかし、仕手材料株と割り切れば、この点がカラ売りを誘い込むエサになり、むしろ妙味を増す期待があるという。

記事中の会社を詳しく見る

住石HLD (1514)

ページトップ