きょうの動意株

中外製薬は後場寄り後に一段高、今期2ケタ増益予想で需給妙味

4519 中外製薬 株価チャート

 中外製薬(4519)は後場寄り後に一段高となり、1267円(53円高)をつけたあとも堅調。昨日発表の前12月期決算で今期の予想営業利益を28%増としたことなどを好感。後場は、本日開催の説明会の概要が同社Webにアップされたことを材料視する動きもあるという。抗インフルエンザ薬タミフルの供給元。この冬のインフルエンザ流行規模は、過去10年の平均並みを想定している模様だ。株価の1250円回復は1月4日以来。信用売り残と買い残が拮抗しているため、買い戻しの増加による株高刺激効果に期待し、1300円台を見込む向きもあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

中外薬 (4519)

ページトップ