きょうの動意株

住友不が戻り高値、戦略特区の規制緩和などに期待

8830 住友不動産 株価チャート

 住友不動産(8830)は朝寄り後に前日比70円高の4975円まで買われ、4月高値5110円以来の戻り高値を更新。「国家戦略特区」の規制緩和期待に加え、発表が順延されていた米国の経済指標が出始めたことで、同国の金融緩和に再び楽観的な見通しが広がり、主力株物色の矛先が向けられているようだ。信用売り残が買い残を上回るなど需給妙味も材料になっている模様。大手不動産株が軒並み堅調な中で、予想株価収益率(PER)が三井不動産や三菱地所よりも低いため、市場関係者からは「高値更新の先陣を切る」との見方も出ている。

記事中の会社を詳しく見る

住友不 (8830)

ページトップ