きょうの動意株

セブン&アイHLDは高値、内需株選好の中「軽減税率」も材料に

3382 セブン&アイ・ホールディングス 株価チャート

 セブン&アイ・ホールディングス(3382)は後場も高値を更新したまま堅調で、14時30分を回っては2800円(90円高)前後で推移。日経平均が朝方1万1000円台に乗ったあと一進一退のため、内需系の銘柄に目を転じる動きが強まった。また、生活必需品に対する消費税の軽減税率を巡る議論が、しばらくは事務負担の増えない情勢になってきたとみて買い直す動きもあるという。同じ理由でイオン(8267)も堅調。逆日歩による買い戻しなど、需給要因ならイオンに妙味があるようだが、値幅妙味などの値動き特性ではセブン&アイHLDが勝るようだ。2月期末配当は増額を発表済み。

記事中の会社を詳しく見る

7&iHD (3382)

ページトップ