きょうの動意株

全日空は小幅続伸、需給懸念を通過し「値決め」に向け戻す期待

9202 ANAホールディングス 株価チャート

 全日本空輸(全日空、9202)は堅調な始まりとなり、197円(2円高)で寄ったあとは198円をつけ、小幅だが続伸基調。総額2111億円規模の大型増資による需給緩和の懸念は、一昨日の一時15.6%安(35円安の189円)をピークに、ひとまず一巡の様子になった。公募増資の新株発行により、発行済み株式総数は約25億株から約35億株に増加。しかし、増資を発表した銘柄の多くは、発表直後に下げたあと持ち直すケースが多いという。発行価格決定日は、7月18日から7月20日までの間のいずれかの日。「値決め」に向け、18日の数日前から戻りが本格化するとの見方もある。

記事中の会社を詳しく見る

ANA (9202)

ページトップ