きょうの動意株

三菱商事は続伸基調、減額修正を次第に織り込み底入れ感

8058 三菱商事 株価チャート

 三菱商事(8058)は1419円(1円高)で寄ったあと1421円と上値を追い、続伸基調の始まりになった。19日に業績予想の減額修正を発表し、株価は翌売買日の週明けに一時約6%安の1350円まで下落。しかし、その後はモミ合いの下値を徐々にセリ上げ、本日1400円台で終われば、「週足」で底入れ感が漂ってくるとの見方が出ている。減額修正では、3月通期の予想1株利益を約303円から200円に引き下げたため、PER評価では割安感が薄れた形。それでもPERはヒトケタで、株価が1500円まで上げてもPERは7倍台にすぎないと見直す動きがある。第2四半期の決算発表は11月2日の予定で、発表を境に業績面での手控え感は「懸念出尽くし」になるとの期待もある。

記事中の会社を詳しく見る

三菱商 (8058)

ページトップ