きょうの動意株

DNAチップ研がストップ高、ノーベル賞関連株は交互循環高も

2397 DNAチップ研究所 株価チャート

 DNAチップ研究所(2397)は朝方からストップ高の4万1100円(7000円高)で売買を交え、3日連続ストップ高。値上がり率は20%を超え、東証マザーズの値上がり率1位となった。引き続き、京都大学・山中伸弥教授の「ノーベル生理学・医学賞」受賞を好感し、関連銘柄の物色が活発。本日は、昨日まで2日連続ストップ高だったコスモ・バイオ(3386)が続伸ながらストップ高には届いていないなど、勢いにバラつきがみられる中で、「本命株」が絞られてきたとの見方が出ている。もっとも、こうしたテーマ株物色では、先行高した銘柄が一服すると周辺銘柄が再騰するなど、交互循環高がよくあるとされ、タカラバイオ(4974)やコスモ・バイオ(3386)等々、いかに波に乗るかが腕の見せどころのようだ。

記事中の会社を詳しく見る

DNA研 (2397)

ページトップ