きょうの動意株

三井不が続伸、追加緩和を期待、雰囲気醸成で出番を待つ

8801 三井不動産 株価チャート

 三井不動産(8801)は10時30分にかけて一時3485円(85円高)と続伸幅を拡大。日銀の議事録要旨や審議委員の講演などを受け、来春の追加緩和を予想する雰囲気があるという。

 株価は4月に3610円の高値をつけ、以後は9月の3595円、11月の3550円が上値。目先的には3500円台に乗ると戻り売りが強まる可能性があるようだ。ただ、それだけに、この上値ゾーンを突破すれば抑圧開放型の急騰に発展する余地があるもよう。本日は中堅マンション株も含めて不動産株が高く、三井不のような大物株は、まず中堅株が上げて雰囲気作りが進んでから高値に進むとの見方もある。

記事中の会社を詳しく見る

三井不 (8801)

ページトップ