きょうの動意株

ソフトバンクは日経平均に連動安、移動平均の下支えを見守る

9984 ソフトバンクグループ 株価チャート

 ソフトバンク(9984)は軟調相場となり、10時15分にかけては2361円(23円安)を上値に一進一退。昨日は京都市など4カ所でメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると伝えられ、期待があったものの、本日は、NY株の203ドル安を受けて日経平均が下落し、225種構成銘柄の中でも連動性の強い点が手控え要因になっているという。業績要因による下げではないため、テクニカル的に注目する動きがあり、25日移動平均(直近は約2357円)を割り込んできたあと、75日移動平均(同2337円)で下げ止まるかどうかが注目されている。

記事中の会社を詳しく見る

ソフトBG (9984)

ページトップ