きょうの動意株

地盤ネットが急伸、2月安値と同水準で下げ止まり「ダブルボトム」形成期待高まる

6072 地盤ネットホールディングス 株価チャート

 地盤ネット(6072)が後場に入って急伸。前日比25円高の950円まで買われた。終値は同24円高の949円。不動産株が久々の上昇相場となったことで、買い安心感が強まった格好だ。「東京都が五輪開催準備や防災体制強化などを目的に2015年春の新規採用計画で土木・建築などの技術系を大幅に増員する」との報道を材料視する投資家もいる。

 株価は昨日まで前日比変わらずを1日挟み、5日連続で値下がりしていたため、打診買いなども入ったようだ。2月4日の安値と同水準の902円で下げ止まったことから、市場関係者には「いわゆるダブルボトム(2点底)形成への期待が出てきた」との指摘もある。「リバウンドが本格化すれば、同月12日の1178円どころまでは戻りの余地がありそう」(同関係者)。

記事中の会社を詳しく見る

地盤ネット (6072)

ページトップ