きょうの動意株

三井不動産は持ち直す、日銀への期待根強く買い戻し増加の期待も

8801 三井不動産 株価チャート

 三井不動産(8801)は前引けにかけて次第に持ち直し、一時2700円台を回復。日銀の金融政策決定会合の結果が昼頃には伝えられる可能性があり、大胆な緩和策に期待して下値を拾う動きがあるという。また、本日は、同社と三菱地所(8802)の投資法人が運用する非上場の不動産投資信託「私募REIT」の資産がそれぞれ1000億円を突破したと伝えられ、事業環境の厚みに注目する向きもある。株価は3月中旬に2824円の高値をつけ、その後は2502円を安値に持ち直してきたところ。信用売りや貸株残高がけっこう多いとして、これらの買い戻しを起爆剤に高値更新を期待する向きもある。

記事中の会社を詳しく見る

三井不 (8801)

ページトップ