きょうの動意株

ホシザキ電が上伸、同社株操作で海外ファンドに課徴金納付勧告出て不透明感払拭

6465 ホシザキ 株価チャート

 ホシザキ電機(6465)が3日続伸。前日比145円高の3705円まで値を上げた。前場終値は同95円高の3655円。証券取引等監視委員会が同社株などの株価操作で不正に利益を得たとして海外ファンドに課徴金納付を命じるよう金融庁に勧告したことを受けて、市場関係者からは「モヤモヤ感が晴れた」との声が上がっている。

 同社は業務用の冷凍冷蔵機器の大手。今2014年12月期業績は経常減益が見込まれるが、「豪雪の年は猛暑の可能性がある」と上振れを期待する投資家もいるという。チャート面では、3620円前後に位置する25日移動平均線を上抜いたことで、日足チャートで主な移動平均を上抜いたため、今年の大発会でつけた3930円奪回を予想する強気の見方もある。

記事中の会社を詳しく見る

ホシザキ (6465)

ページトップ