きょうの動意株

日軽金は一進一退、原発の稼働数減少と伝えられ電力不足を連想

 日本軽金属(5701)は朝方の118円(3円高)を上値に重い相場となり、11時を回っても前売買日の17日につけた戻り高値を抜けない相場となっている。電力消費の多いアルミ会社とのイメージがあり、関西電力(9503)の高浜原子力発電所(福井県)3号機が本日から定期点検に入り、国内で稼働する原発は2基に減少と伝えられたことが手控え要因になったという。もっとも、同社は水力発電所を保有し、豪雪の年は電力事情が改善するとの見方もある。株価は昨年11月の89円を下値に持ち直しており、全体相場の底上げに乗る形でジリ高に進む期待は少なくないようだ。

ページトップ