きょうの動意株

オリンパスは後場も底堅い、需給妙味強く資本提携の発表に期待

7733 オリンパス 株価チャート

 オリンパス(7733)は後場1307円(39円安)で始まり、昨日つけた戻り高値1380円に遠くない水準で底堅い相場を継続。ソニー(6758)やパナソニック(6752)などから1割程度の出資を受け入れる検討に入ったと今朝の大手経済紙が伝え、本日、中期経営計画を発表とされるため、期待が続いている。信用倍率は2.5倍前後で、いぜん、売り買い拮抗。少々の材料で大きく動きやすい状態のため、投機妙味は少なくないという。年初来の高値は2月の1473円。全体相場の地合いが悪いため、目先は短期回転売買に徹すべきとの見方がある。

記事中の会社を詳しく見る

オリンパス (7733)

ページトップ