きょうの動意株

森下仁丹は「特許」で急伸、業績予想の減額は消化されたとの見方

4524 森下仁丹 株価チャート

 森下仁丹(4524)は午後、「ビフィズス菌カプセルを利用した経口ワクチンの特許権取得に関するお知らせ」を発表し、株価は直後に20円近く上げて413円(23円高)をつけたあとも堅調。14時50分にかけては410円前後となった。発表によると、腸溶性カプセル化技術を応用したもので、途上国の腸チフス、コレラ、または赤痢などに対し、注射よりも容易で効果的な投与方法を開発してきたという。今3月期の業績見通しを2月初に減額修正したため、株価は月初の400円前後から直近は390円まで軟化した。ただ、本日、発表前の水準を超えたため、業績動向は消化されたとの見方がある。価格帯別の上値圧迫は、410円前後を抜けば抵抗感がなくなり、真空地帯を駆け上がる可能性もあると強気の見方もある。

記事中の会社を詳しく見る

仁丹 (4524)

ページトップ