きょうの動意株

サンフロンテ不は日銀総裁の会見に期待し切り返す

8934 サンフロンティア不動産 株価チャート

 サンフロンティア不動産(8934)は朝方の9万6700円(2500円安)を下値に切り返し、11時にかけては一時10万3900円(4700円高)をつけて堅調。日銀の金融政策会合が昨日から本日にかけて開かれ、午後には黒田総裁の会見が見込めることが思材料のようだ。本日は三井不動産(8801)が戻り高値に進むなど、不動産株が総じて堅調。中で、財閥系の大手銘柄は株価4ケタで売買単位も千株。この点、サンフロンティア不は投資金額が少なくて済み、動き出せば値幅妙味もあるという。このところの出直り相場では7月8日に11万800円の戻り高値に進んだ。チャート観測では、これがちょうど75日移動平均の水準になり、この水準を抜けば14万円台まで一気に進む可能性があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

サンフロ不 (8934)

ページトップ