きょうの動意株

鹿島は業績予想の減額を受けて値を消すがモミ合い割る様子なし

1812 鹿島 株価チャート

 鹿島(1812)は後場、業績予想の減額修正を受けて軟化する展開になり、14時30分にかけては一時266円(8円安)まで下落。前場は278円(4円高)まで上げただけに、けっこう値を消した印象になった。減額修正は、一部の海外土木工事と国内の建築工事で採算が悪化する見込みになったことを主因に、今3月期の連結営業利益の予想は300億円から150億円に半減。一方、純利益はビル所有権の売却益などにより従来予想を16%増額。予想1株利益も21円18銭に増額。株価は、1株利益の増加よりも本業での利益減少に反応した形で、1月以降のモミ合いの下値である260円に接近。これを割り込むとモミ合い割れになるものの、この時間帯にかけては割る様子がなく、売り一巡感があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

鹿島 (1812)

ページトップ