市場経済ニュース

株式市場 11/19の週の話題 白川・日銀総裁の会見に注目、米国でクリスマス商戦始まる

 11月第3週は、まず週初の19日に日銀の金融政策決定会合が開催される(20日まで)。前回10月30日の会合では、2カ月連続の追加金融緩和を決定。今回は具体策の発表は見送られる可能性が高いが、金融緩和の継続姿勢を打ち出せるか。マーケットへのアピールが不得手とされる白川方明総裁だが、“変身”を期待したい。
 また、19日の日本時間夜に米10月中古住宅販売が発表される。住宅市場の回復度合いを確かめたい。23日は米国のブラック・フライデー。感謝祭の翌日の金曜日からクリスマス・セールが始まり、小売店が黒字になることからこう呼ばれる。クリスマス商戦の行方を占う盛り上がりぶりに注目だ。

(株式ウイークリー編集長 藤尾 明彦)
スケジュール

11月19日(月) 日銀金融政策決定会合(-20日)
10月日本製半導体製造装置BBレシオ
米10月中古住宅販売
米11月NAHB住宅市場指数
タイ7-9月期GDP
11月20日(火) 9月全産業活動指数
白川日銀総裁会見
東アジアサミット(オバマ米大統領出席)
米10月住宅着工件数
米10月建設許可件数
11月21日(水) 10月貿易統計
スペイン国債入札
米11月ミシガン大学消費者信頼感指数
米10月CB景気先行指数
米10年インフレ連動?\x82\xB5入札
11月22日(木) 気象庁3カ月予報
EU首脳会議(-23日)
ブラジル10月失業率
米国市場休場(感謝祭)
11月23日(金) 台湾7-9月期GDP
独11月Ifo景況感指数
米ブラック・フライデー
(注)※予定は予告なく変更されることがあります。

ページトップ