きょうの動意株

東京個別指導はセンター試験廃止など材料に上値を試す

4745 東京個別指導学院 株価チャート

 東京個別指導学院(4745)は後場も堅調で、14時30分を回っては15%高の220円(29円高)前後で推移。文部科学省が5日、大学入試センター試験の廃止と複数回受けられる全国統一試験を検討と伝えられたため、需要拡大の期待がある。また、出生率が16年ぶりに増加と伝えられたことも支援要因になったようだ。株価は5月中旬まで240円前後だったが、直近は180円まで軟化して持ち直したところ。このため、5月中旬までの水準に近づけば戻り待ちの売り物が増える懸念があるという。ただ、第1四半期(3-5月)の動向が観測報道などの形で出てくる時期のため、「四季報」最新号の発売も含めて、上値を追う期待は強いようだ。

記事中の会社を詳しく見る

東京個別指 (4745)

ページトップ