きょうの動意株

風力開発はマザーズ市場の売買代金・値上がり幅1位

 日本風力開発(2766・M)は朝方12万1700円(1万4700円高)まで上げ、昨日のストップ高に続き大幅続伸。取引時間中としては、7月20日以来の12万円台回復となった。政府が、風力発電の普及促進策として送電網を整備、と昨日伝えられ、引き続き材料視。値幅が大きいため、デイトレーダーにとっても魅力が大という。10時を回っては、マザーズ市場の売買代金、値上がり幅で1位。「政策に売りなし」と、年初来の高値14万9600円を見込む向きもあるという。

ページトップ