きょうの動意株

UMNファーマは急反発、政府の新型インフルエンザ対策を材料視

4585 UMNファーマ 株価チャート

 UMNファーマ(4585)は2800円(278円高)まで上げて急反発となり、2月中旬以来の2800円台を回復。ワクチン開発のイメージがあり、新型インフルエンザの発生時に全国民がワクチン接種を受けられる体制が整っていないとの厚労省発表が今朝の日本経済新聞で伝わり、期待や思惑が強まったようだ。

 業績は赤字継続の見込みだが、株価は2月4日の2423円を安値に下げ止まる展開。底練り状態が1カ月を経過し、下値不安は後退してきたとの見方が出ている。出直りを模索する段階に入れば3000円どころまではリバウンドする可能性があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

UMN (4585)

ページトップ