きょうの動意株

ファーストリが後場下げ渋る、ヘッジファンドの決算がらみか

9983 ファーストリテイリング 株価チャート

 ファーストリテイリング(9983)は後場寄り後に一時プラスに転じ、12時37分の3万7800円(100円高)が本日の高値。その後再びマイナス圏に押し戻されたが、朝方の550円安からはジリジリ値を戻している。

 今のところは証券会社による投資判断などは特段聞かれず、日経平均の先物に絡む裁定買いなどが入ったようだ。また、円相場と株式を二股で売買するようなヘッジファンドには11月決算が少なくないとされる。11月の権利付最終日はきょう26日で、いわゆる月内受け渡しの最終日。これに絡んで何らかの思惑が働いているとの憶測もある。5月の高値以降は3万8000円台が上値抵抗となっており、これを上抜けばモミ合い放れとなって大きな上昇につながる可能性があるようだ。毎月初に発表する月次動向が契機になるとの期待がある。

記事中の会社を詳しく見る

Fリテイリ (9983)

ページトップ