きょうの動意株

丹青社は高値更新、輸出株から内需株に目を転じる中で割安感

9743 丹青社 株価チャート

 丹青社(9743)は朝寄り後に371円(19円高)をつけて昨年来の高値に進み、9時30分を回っても366円前後で堅調。内装設計・施工などの大手で、PERは7-8倍、PBRは0.8倍のため割安感がある。日経平均が100円安と反落模様のため、輸出株から内需株に目を転じる動きが支援要因になったという。1月決算銘柄で、決算発表は例年3月中旬。第3四半期の決算発表では、通期の予想連結営業利益を前期比5割増の約11億円としたものの、第3四半期の段階で20億円だったため、通期業績の着地が注目されている。単純に第3四半期までのペースが続くと仮定すれば、500円台が現実味を帯びてくるとの見方がある。

記事中の会社を詳しく見る

丹青社 (9743)

ページトップ