きょうの動意株

みずほFGは10%高、日経平均やTOPIX下値に届くとの見方

8411 みずほフィナンシャルグループ 株価チャート

 みずほフィナンシャルグループ(8411)は後場次第高となり、14時50分にかけて10%高の202円(19円高)と上値を指向。昨日の下げ幅(終値で12円安)を完全に奪回した。日銀の追加緩和観測がある上、日経平均やTOPIXが朝方の下げによって有力な下値メドとされる75日移動平均の水準にほぼ達したため、日経平均構成銘柄や各業種の主要銘柄を買い直す動きが拡大。メガバンク3銘柄の中ではPERが最も低いとして注目する向きもある。5月15日に233円の高値があり、これを回復するには、2週間ほど前に割り込んでしまった25日・75日の各移動平均(本日はともに210円前後)が目先的な上値のカベになる可能性があるという。この点が気になる場合は、三井住友フィナンシャルグループ(8316)なら大引けにかけて75日移動平均を回復したため、目を転じる余地があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

みずほFG (8411)

ページトップ