きょうの動意株

トヨタ急伸、棹尾の一振にあらず、来年の有望株としての買い人気

7203 トヨタ自動車 株価チャート

事実上の新春相場入りでトヨタ自動車(7203)が急伸している。今日26日の売買分から翌年受け渡しとなり14年相場がスタートする。年末の換金売りで去る17日には6040円まで下げたものの、6000円大台をキープしチャートが崩れなかったことで買い方を強気にさせている。

「今日の動きは棹尾の一振というより来年相場への期待だろう。自動車の内需には大きくは期待できないが、PERで割安感が目立つ。足元で進んでいる円安が、さらに1ドル=105円まで進めば、来年はリーマンショック前の高値を目指す展開だろう」(中堅証券)という。予想1株利益564.9円(「四季報」新春号)でPERは11.2倍と東証1部平均の16倍を大きく下回っている。なお、リーマンショック前の07年2月の高値は8350円となっている。もちろん、新指数「JPX日経400」の採用銘柄である。

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ (7203)

ページトップ