きょうの動意株

NTTデータ戻り高値、マイナス材料消化し需給の強さ見直す

9613 NTTデータ 株価チャート

 NTTデータ(9613)は後場寄り後も4150円(15円高)前後と堅調。2月27日につけた昨年来高値4315円に迫って推移している。2月末、みずほ銀行が2016年に予定していた基幹システムの統合を1年延期する可能性が一部で伝えられ、受注しているベンダーが当社や日本IBMなどとみられたために様子見気分が漂っていた。昨日反発したまま続伸基調のため安堵感があるという。

 信用倍率は1倍未満と好需給で材料に反応しやすいうえ、買い戻しの原動力は大。また、浮動株比率が低いためか、経験的には動き出せば意外に値幅が出るとの見方がある。材料待ちのようだ。

記事中の会社を詳しく見る

NTTデ (9613)

ページトップ