きょうの動意株

三井不は3000円台回復、路線価を好感しチャートも分岐点に

8801 三井不動産 株価チャート

 三井不動産(8801)は続伸の始まりとなり、朝寄り後に3075円(146円高)をつけて5月29日以来の3000円台を回復した。昨日国税庁が発表した路線価に下げ止まり感が出てきたことなどを引き続き好感。高値をつけた時期が4月で日経平均より早いため、調整も進んだとの見方が出ている。チャート観測では前週後半に25日移動平均を抜き、本日75日移動平均を抜きかけているところ。終値で3012円を上回れば、上値余地が大きく開けるという。長期金利には不透明感があるものの、すでに3カ月近く懸念されているため、材料としては毎度変わり映えせず陳腐化しつつあるとの見方も出ている。

記事中の会社を詳しく見る

三井不 (8801)

ページトップ