市場経済ニュース

株式市場 11/18の週の話題 債務上限問題で揺れた10月の米小売売上高の結果は?

 20日は、米10月小売売上高の発表がある。米経済の消費に占める割合はGDPの7割を占めるとされる。10月は債務上限問題で米国のみならず世界中が気を揉んだが、消費動向にどの程度の影響があったか注目したい。

 21日は、黒田東彦・日銀総裁の会見がある。国内の長期金利は低位安定しており、当初の目的は果たされている。デフレ状況からも脱しつつあり、今後の日本経済の動向をどう見ているか確認したい。

 同日は中国11月HSBC製造業PMIが発表される。上海総合指数は9~10月のモミ合いを経て下落トレンドに転じつつある。同指数の結果は日本、中国の株式市場に与える影響も大きく注視したい。


(株式ウイークリー編集長 藤尾明彦)
スケジュール

11月18日(月) 10月首都圏新規マンション発売
タイ7~9月期GDP
米9月対米証券投資
米11月NAHB住宅市場指数
11月19日(火) 日・EU定期首脳会議(~20日)
9月北米半導体製造装置BBレシオ
トルコ中銀金融政策決定会合
独11月NAHB住宅市場指数
11月20日(水) 日銀金融政策決定会合(~21日)
10月貿易収支
9月全産業活動指数
10月コンビニエンスストア売上高
10月日本製半導体製造装置BBレシオ
10月訪日外国人数
東京モーターショー(~12月1日)
米10月小売売上高
米10月中古住宅販売件数
10月29・30日開催のFOMC議事要旨
11月21日(木) 日銀総裁会見
中国11月HSBC製造業PMI
EU・中国首脳会議
ブラジル10月失業率
11月22日(金) 独11月Ifo景況感指数
(注)※予定は予告なく変更されることがあります。

ページトップ