きょうの動意株

指標的存在のトヨタ自動車反発、ただ前日下げ分は埋め切れず

7203 トヨタ自動車 株価チャート

 指標的存在のトヨタ自動車(7203)は、210円高の6500円と反発している。ただ、前日の下げ340円を取り戻すところまでの勢いはない。「昨年秋の3000円前後からスタートして、去る、23日の6760円まで2.3倍となった相場だけに上値追いに対する警戒感が台頭するのは当然だろう。ただ、日足、週足、月足チャートのいずれをみても相場が崩れたということではない」(中堅証券)。「日経平均を見るよりトヨタ株を見よ」といわれるくらい全般相場の指標的存在だけに、今後は円安がさらに進むのか、アベノミクス成長戦略で日本経済の再生が成るのか、といったことが同社株と同時の全般相場を見極めるポイントとなりそうだ。なお、同社株の30日線は5900円どころに位置している。

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ (7203)

ページトップ