きょうの動意株

川崎汽船が戻り高値、「ダブルボトム」経て運賃指数など材料視

9107 川崎汽船 株価チャート

 川崎汽船(9107)は後場もジリ高基調となり、154円(6円高)まで上げたあとも152円前後でしっかり。例のバルチック海運指数が4日続伸と伝えられ、また、午後は円相場が軟調に転じたことも買い意欲を刺激したという。PER比較では海運大手3銘柄の中で最も有利。株価は5月中旬の127円、6月初の128円で下げ止まり、ダブルボトム(2点底)を形成。本日は戻り高値に進み、テクニカル的には、以前の下げ過程でモミ合った160円から170円の水準まで戻す可能性が出てきたとの見方がある。

記事中の会社を詳しく見る

川崎船 (9107)

ページトップ