きょうの動意株

関西電が反落、「売りシグナル」の「包み足」示現の可能性

9503 関西電力 株価チャート

 関西電力(9503)が反落。前週末比30円安の1162円まで売られた。小泉元首相が12日に日本記者クラブで講演する予定で、「原発の再稼働に逆風」とする一部の投資家の間で買い手控え気分が強まっているという。

 11日始値は1210円で、同日は終値が始値を下回る「陰線」になる公算が大きい。しかも、前週末の高値(1206円)を上回る値段で寄り付いており、同安値(1184円)を下回る値段で取引を終了すれば「包み足」と呼ばれる大陰線を示現することになる。「包み足」はチャート分析で「売りシグナル」の1つとされるだけに、下値不安が広がりつつある。

記事中の会社を詳しく見る

関西電 (9503)

ページトップ