きょうの動意株

HOYA下げ新安値、通期見通し未定、海外比率6割超が響く

7741 HOYA 株価チャート

 HOYA(7741)が、大きく下げ1552円と年初来安値を更新している。10月上旬頃までは下値1700円前後で踏ん張っていたが、海外比率が6割超あることから業績への懸念から下げている。31日に発表の第2四半期(4-9月)は、前年同期比2.1%減収、営業利益31.1%増益と好調で心配を掻き消す内容だった。しかし、「今3月期通期見通しは未定で、配当も中間は30円とするものの期末は未定となっていることが不安につながっている。一連のエレクトロニクス株のような赤字まで想定することはないものの、海外比率が大きいだけに、業績の見極めがつくまで本格的には手がけ難い」(中堅証券)。11年11月の1537円が下値のフシ。

記事中の会社を詳しく見る

HOYA (7741)

ページトップ