きょうの動意株

ローランド高値接近、ユーロ再び円安で年末特有の相場に乗る期待

 ローランド(7944)は朝方の1307円(13円安)を下値にジリジリ持ち直し、14時30分を回っては1344円(24円高)前後と反発基調。電子楽器の大手で欧州に強いイメージがあり、為替が後場は1ユーロ138円台に入る円安基調に転換したことが寄与したようだ。

 株価は11月中旬につけた2008年以来の高値1379円に接近。予想1株利益の絶対額がまだ低いため、PER評価では割高になるものの、今期は黒字転換の見込みという変貌妙味や需給妙味が背景にあるようだ。例年12月20日ごろにかけては、材料株や業績面でスネに傷を持つような銘柄が交互に勃興する餅つき相場が活発化するとされ、同社株も高値を更新するチャンスは十分と期待する様子がある。

ページトップ