きょうの動意株

ドワンゴは参院選の投票率に落胆感あるが新たな投資家層に期待も

 ドワンゴ(3715)は11時を回って43万円(1万1500円安)前後で推移し、6日続落基調。動画サイトを運営し、参議院選の投票率などをみるとネット解禁の効果は今ひとつと伝えられ、失望感が漂っているようだ。ただ、今9月期は会員数や売上高が順調に拡大の見込みで、収益は回復基調。株価は5月に75万円台の高値をつけたあと6月の39万5000円を下値に横ばい推移となっており、この下値を大きく割り込まない限りは下値固め継続になるという。参議院を通じてネットに縁遠かった世代層の興味を獲得した効果は小さくないとの見方があり、無相場のうちに仕込むような中長期投資家の注目を集める期待が出ている。

ページトップ