きょうの動意株

日本取引所が高値、新指数採用で連動ファンド買いへの期待膨らむ

8697 日本取引所グループ 株価チャート

 日本取引所グループ(8697)が後場に入って一段高。前日比125円高の3080円まで買われて約2週間ぶりに年初来高値を更新した。終値は同115円高の3070円。

 日経平均が連続して今年の高値を塗り替えたことに加え、後場に入って、「来年1月から算出が始まる新しい株価指数『JPX日経インデックス400』に連動する企業年金向けの専用ファンドを三井住友信託銀行が1月に立ち上げる」と一部で伝えられたことも買い手掛かりになった。同指数の開発に携わった同社ももちろん(?)、構成銘柄の一つで、年金資金流入への期待が膨らんだ格好だ。市場関係者からは3000円台での値固めを経て、新春相場は3500円台を目指す」との威勢のいい声も上がる。

記事中の会社を詳しく見る

日本取引所 (8697)

ページトップ