きょうの動意株

住友鉱が動意強める、ニッケル拡大を材料に信用需給も好転の様子

5713 住友金属鉱山 株価チャート

 住友金属鉱山(5713)は朝寄り後に9%高の1471円(122円高)と目立って上昇し、直近の高値を約1カ月ぶりに更新。今秋、フィリピンで硫酸を使った新たなニッケル中間処理施設の操業を本格的に始めると大手経済紙で伝えられたことが材料との見方があり、「金」相場に左右されがちな株価イメージからの脱却に期待が強まったようだ。2月に1678円の高値があり、信用取引でいう6ヵ月期日を8月に通過しており、売り圧迫は峠を越えたとの見方がある。昨日発表になった信用取引動向をみると、売り残、買い残とも増加しながら取り組み妙味を増した模様で、期日を通過後、新たな買い手が増えているようだ。

記事中の会社を詳しく見る

住友鉱 (5713)

ページトップ