きょうの動意株

大林道が続伸、東亜道の増額修正で決算前に思惑人気膨らむ

 大林道路(1896)が続伸。前日比38円高の595円まで買われた。東亜道路工業(1882)が昨日、2013年第2四半期累計(4-9月)ならびに2014年3月期通期業績予想の増額を好感して上伸したため、大林道にも連想買いが膨らんだようだ。大林道路の第2四半期累計決算発表は11月11日前後の予定。第1四半期(4-6月期)決算発表時の会社側通期予想1株当たり利益は35円70銭。増額に進むようなら割安感が強まる。株価は9月につけた600円高値に急接近。市場関係者には「連想や期待で高値を更新してしまうと、決算発表をで好材料出尽くしになる」との見方があり、「この点では高値を更新せずにエネルギーをため込むほうが後々の相場に好都合」との解釈も聞かれる。

ページトップ