きょうの動意株

急騰の省電舎は一転、年初来安値更新、再生可能エネルギー不発

1711 省電舎ホールディングス 株価チャート

 急騰の省電舎(1711)は、一転、年初来の安値に沈んでいる。13万円前後から急騰して、13日には18万6000円の年初来高値をつけた。ところが、一転、今日まで5営業日連続安となって12万円を割り込み年初来安値更新となっている。15日発表の前3月期利益が予想を下回り、とくに営業利益、最終損益とも従来の黒字予想から赤字に転落した。再生可能エネルギーの売上が計上される予定だったものが未達となったという。今3月期は営業利益で5000万円、純益で3900万円と黒字を見込んでいる。配当は長期無配が続いている。「これまでの新興系銘柄人気の中で、再生可能エネルギーを手がけているということで買われていたが、業績不振が響いた。これからは、人気やテーマ性だけで買うことには限界がある。やはり業績のチェックが欠かせない」(中堅証券)。急騰場面で商いが多かったため、しばらくは見切り売りが続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

省電舎HD (1711)

ページトップ