きょうの動意株

エナリスは後場ストップ高、東電との共同事業発表が起爆剤

6079 エナリス 株価チャート

 エナリス(6079)は後場急伸し、一気にストップ高の1702円(300円高)。企業の電力購入形態の最適化などエネルギー関連のコンサルティングが主力事業で、きょうの正午に東京電力(9501)と共同で応募した経産省の次世代エネルギー・社会システム実証事業への提案が採択されたと発表し、起爆剤になったようだ。

 エナリスは10月8日に新規上場した。電力自由化関連株として公開価格280円、初値717円から半月足らずで一時2578円まで急騰した。このためか材料に対する反応も大きくなったもよう。市場関係者の間では値動きの軽快な銘柄というイメージが定着しつつあり、折に触れて急伸するケースに備えて常時、仕込んでおくべきとする向きもある。

記事中の会社を詳しく見る

エナリス (6079)

ページトップ