きょうの動意株

中外製薬は反発、「がん遺伝子」材料に売り残の買い戻しなど期待

4519 中外製薬 株価チャート

 中外製薬(4519)は3日ぶりの反発となり、1872円(30円高)まで上昇。1月31日の高値1888円に向けて出直る相場になった。「がん幹細胞の細胞株樹立に世界で初めて成功」と「会社四季報」にあり、今朝、自治医大のチームが米専門誌に複数のがんの原因になる強力ながん遺伝子を発見したことを発表と伝えられ、思惑買いや連想買いが広がったという。前12月期の連結決算は30日に発表。国際会計基準に基づく今期予想1株利益は約93円、PERは20倍前後。株価は翌日から反落模様になったため、信用売りを張っている側が優勢だったものの、今朝の材料を受けて一転、買い戻しも広がった模様だ。信用売り残が多いため、買い戻しのパワーが注目されている。

記事中の会社を詳しく見る

中外薬 (4519)

ページトップ