きょうの動意株

NTTドコモは軟調、2番底模索の予想と週足底値圏の見方が交錯

9437 NTTドコモ 株価チャート

 NTTドコモ(9437)は10時40分にかけて11万7000円(200円安)前後で推移し、軟調もみあい。昨日、日本マイクロソフと法人向けタブレット事業で協業すると発表したものの、株価の反応は今ひとつとなった。第2四半期の決算は10月26日に発表済みで、株価は週明け29日に目立って急落し、11万5400円の年初来安値。その後は小戻しているものの、好材料が出た割に戻りが緩慢なため、値動きとしては「h」(アルファベットのエイチの字)型の2番底模索になる可能性があるという。ただ、「週足」では、今週、出来高が急増。この銘柄は、下げ局面で出来高が急増すると、当面の底値をつける傾向があると期待する見方もある。

記事中の会社を詳しく見る

ドコモ (9437)

ページトップ