きょうの動意株

資生堂は反発、業績予想の増額など好感し需給変化など注視

4911 資生堂 株価チャート

 資生堂(4911)は前場5%高の1723円(86円高)まで上げる場面をみせて反発となり、日経平均が一時266円安と今年の安値を更新する中で堅調。31日に発表した第3四半期決算で3月通期の見通しを増額修正したため、全体相場に不透明感がある中で選別物色を集めている。1700円台は12月中旬以来。目先的には1730円どころに出来高分布の厚いゾーンがあるようで、戻リ売り圧迫が厚くなる可能性がある模様。ただ、昨年末からの調整基調に変化が出てきたため、一方では売り建て玉を買い戻す動きが強まる可能性もあるようだ。信用倍率1倍台のため材料に反応しやすいとされ、思惑妙味を強める向きがある。

記事中の会社を詳しく見る

資生堂 (4911)

ページトップ