きょうの動意株

矢作建設ストップ高、「河川氾濫対策」などに着目の動き

1870 矢作建設工業 株価チャート

 矢作建設工業(1870)はストップ高の563円(80円高)まで上げたまま11時にかけてもストップ高気配。中京地区が地盤で、東京オリンピック関連株としての期待に加え、週末に伊勢湾台風と似たコースで全国に被害をもたらした台風18号の被害を材料にする動きがあるようだ。「四季報」最新号には「法面(のりめん)補強工法」「河川氾濫対策」などの文字があるとして注目する様子もある。前週まで特段急激な上昇ではないため、過熱感はない様子。2009年以来の700円相場を期待する向きもある。

記事中の会社を詳しく見る

矢作建 (1870)

ページトップ